株式会社 北海運輸

ホームへ

株式会社 北海運輸 平成30年度 環境行動計画

1. 環境保全活動への取組みについての現状把握と課題 (グリーン経営推進チェックリストに基づく現状把握と今後の課題)

(1)環境保全のための仕組み・体制の整備

環境方針を策定し、環境保全管理者及び推進体制を定め、従業員に対して環境関連法規制の内容を伝えるなどしている(レベル1)。今後は、環境保全に関する積極的な取り組み項目を定め、管理責任者などの役割や責任権限の明確化をはかり、従業員に対して環境方針の徹底や環境に関する一般的な情報を定期的に伝えて環境保全意識の向上を図るなど(レベル2)の取り組みが必要である。

(2)エコドライブの実施

認証項目以外の取組みができていない。また、昨年度は燃費目標が未達成で、今後は目標達成に向けた計画的な取組みが必要である。特に燃費実績が悪いドライバーの個別指導・実技講習の実施、優秀ドライバーへの表彰、グループ別活動を実施していく必要がある。

(3)低公害車の導入

大型車が中心なのでCNG車、ハイブリッド車の導入は難しいが、最新規制適合ディーゼル車導入を計画的に実施し、代替時には燃費基準達成車、低排出ガス認定車を選択するようにしている。

(4)自動車の点検・整備

おおむね各項目ともレベル2の取組みは実施している。

(5)廃棄物の適正処理およびリサイクルの推進

廃棄物処理は適正に実施している。従業員への廃棄物に関する教育も実施している。

(6)管理部門(事務所)における環境保全の推進

管理部門従業員に対する環境教育は現場従業員とともに実施し、エコマーク製品の購入、廃棄物分別の徹底、不要照明の消灯などは実行できている。使用エネルギーや廃棄物の発生量の把握ができていない。

2. 目標

  1. 環境教育の推進
  2. 燃費向上:対前年0.2%以上の改善
  3. 事務所での環境保全の推進:エネルギー使用量および廃棄物排出量の把握

3. 目標達成に向けた具体的な取組み内容

(1)「環境教育の推進」に向けた具体的取組み

環境に関する一般的情報(環境問題の世界の現状など)や燃費実績等について、乗務員ミーティングを利用して継続的に情報提供、教育を行う。

(2)「燃費向上 対前年0.2%以上の改善」に向けた具体的取組み

・アイドリングストップの徹底 待機時のアイドリングストップ徹底のため、蓄熱マットを導入する

アイドリングストップによる効果を報告し、自発的に行動できるよう促す

・エコドライブ講習会に積極的に参加させる。

目標未達成者より順次受講させていく。

・乗務員 個別ミーティングの強化

走行燃費の結果を個別に話し合い、走行燃費0.1㎞/L以上改善の目標未達乗務員については、より具体的に効果的な指導を行うようにする

・報奨制度導入を検討し、実施する

乗務員の意欲を向上させる

(3)「事務所での環境保全の推進」に向けた具体的取組み

ゴミの分別を再徹底し、毎月ゴミの量を種類ごとに計測し、記録し、月次実績を電気使用量とあわせて公表する。

下期より、上期実績踏まえた削減量の目標をたて、取組む。

平成30年 4月 1日
株式会社  北海運輸
環境保全 管理責任者
代表取締役 沢本一輝

ページトップへ